4334 ユークス 企業分析

虫眼鏡とグラフ
スポンサーリンク

またやりやがった

ユークス、またやってくれました。

ちょい上げでガラ。

いっつもこれです。

いつになったら本格的に上げてくれるのか。

まあ今回の材料は大したものでもなかったので、そんなに期待はしてませんでしたが、ちょっとは期待してたんです。

材料はこちらに書いてあります。

またやってくれたユークスについて企業分析してみようと思います。

ユークス 企業分析

パチスロタイトルや、ゲームソフトを受託で作っていることがメインの事業になります。

AR事業としてバーチャルアイドルのプロデュースをしています。

そのAR事業の技術協力が今回ストップ高を付けた材料になります。

今回は技術協力しているだけなので材料としては弱かったです。

業績売上高営業利益経常利益当期利益一株益(円)一株配(円)
連14.13,39965768547456.110
連15.14,24054456832337.310
連16.15,2771,2561,30281594.310
連17.13,64331121546.310
連18.13,35157-29-25-3.010
連19.1予4,40028036024027.710
連20.1予3,90020022015017.310
中18.7645-361-212-138-16.00
中19.7予600-100-100-50-5.80
会19.1予4,419276360241(18.3.9)

PER20倍、ROE-0.67%、時価総額61億円、自己資本比率37%です。

一株益を見ると業績は悪くなっています。売り上げは横ばいか少し減少です。

一般的な銘柄から言うと、業績はいまいちで割安感もない感じですね。

ただし、ユークスはゲーム関連ですので業績、割安感は一変してしまうこともあると思います。

業績もゲーム関連の中ではましな方ではないかと思います。

とはいえ今現在の業績がいいわけでもなく、割安感もなく、将来どのように変化していくかもわからないということで、特別ユークスを買わなくてはいけない理由はないです。

バーチャルアイドルに夢があるのかもしれませんが、僕個人としてはあんまり売れないんじゃないかなーと想像しています。

今のところホルダーですので応援だけはしていますけどね。

こんな感じのユークスでした。

投稿者: yoshio

1982年生まれ36歳(2019年1月現在) 投資歴は4年 愛知県にて鉄工所経営 鉄工所の経営が伸び悩んでいることもあり株式投資で資産を増やそうと奮闘しています。 今のところ独身。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です