2019年1月21日のトレード 株式投資

デイトレード

ヨシオです。

日経の調子が良すぎてなかなか長期投資用銘柄が買えずにやきもきしています。

今日やっとマザーズは下落しましたね。ミニバブルみたいになってましたからちょっとくらい調整も来ますよね。

日経はぎりぎりプラスで引けていましたね。なかなか落ちてこないものです。

僕が仕込もうとしている銘柄の一つは半導体銘柄なのですが、今日はその銘柄が強く、長期投資練習用で100株だけ買っている半導体銘柄も強かったので、今日は半導体関連が強かったのだろうと想像しています。

仕込みたいと思っているときは落ちてこない日々がまー長く感じるものですね。

そんな気持ちを和らげるために僕は暇があればデイトレです。

今日はエコモットとリファインバースをメインにトレードしました。

エコモットは前にも書いたのですが、毎回下落幅が僕の予想を上回ってくるのでなかなかうまく取れていない銘柄です。今日は4回エントリー。エコモットでは-1600円でした。ホンマこの銘柄むずいです。いやらしい人が動かしてるのかなって想像しています。

リファインバースは朝一下落の持ち直しての後はずっとだらだら下落していました。リファインバースには3回エントリー。+4500円でした。

あとはその他銘柄で取ったり取られたりで大体トントン。

トレード全体では3200円のプラスで終えることができました。

ほぼ一直線に落ちていくマザーズの後場からの崩れ方はデイトレーダーにはなかなか厳しい落ち方だと思います。

どうしてもリバったら損切りしようリバったら損切りしようと考える人が多いのではないでしょうか。

逆張りばかりしている僕もリバったらという考えはいつも頭にあるのですが、行動としては想像より下に走った時点で損切りしています。

値動きが大きな銘柄にデイトレで入るときは今日中にリバウンドがあるかなんてわかりませんからね。

あーこの下げやばいわ。やばい気がするわって思ったら損切りです。

こんなざっくりな感じなトレードでも繰り返していれば自分なりの相場観ができてきてデイトレでコツコツとれるようになると思います。

皆さんも値動きが大きな銘柄を、特に高くなっている状態でデイトレードで参戦するときはリバウンドするのを待っていたらストップ安に張り付けられていたなんてことには十分注意してデイトレードを一緒に頑張っていきましょう。

2019年1月18日のデイトレ

エコモット

ヨシオです。

今日は午前午後共にほとんどの時間デイトレードをすることができました。今日メインでエントリーした銘柄はエコモットです。

2連続ストップ高からの今日寄り付き。

情報を調べてみるとKDDIとの業務資本提携とあるので、この内容ならまだまだ上に行くだろうと判断し、寄り付きは様子見をして、少し落ちたところを拾ってみることが今日の一回目のエントリーとなりました。

最初のトレードで2000円ゲット。

そのまま握っていれば1万円は取れた展開。僕はデイトレとスキャルピングの中間のトレードをしますので2000円に満足は満足。しかし、ちょっと悔しいという感じ。

やっぱりエコモットは今日はうえだと判断しました。今日はエコモットに何回も入る展開になりそうな予感がしました。

上だと思ったエコモットが少し崩れ、押し目を作ってくれたので喜んでエントリー。どこまで押すねんと思うくらい押しました。

朝一の安値を割ってさらに下へ。

この間で僕は2回の損切りです。最初の2000円の利益は簡単に消え、それどころか4000円の損失をいただきました。

その損切りをしようとしている最中はいつ連売りが付くのかわからないくらいの激しい売り込まれ方でした。完全にビビりました。

ビビっているのでその下落がつけた最後の陰線、そして次に出た小さい陽線。普段ならここらへんでとりあえずエントリーしてみるところです。もしもエントリーしていれば僕のトレードでも5000円くらいは取れた展開。でも、ビビっている僕はエントリーを見送り。

みるみる上げていく株価を見てやっぱり今日はうえなのかと思いながらやきもきしていました。

監視銘柄を見てみるとオンコリスファーマがあげているのを見つけ、珍しく順張りで1500円ゲット。

12時から13時は会社の休憩時間なので僕も休憩です。僕はいつも後場の寄りつきには参加せず休んでいます。なまけです。

13時過ぎエコモットにズドンが来ていたので買ってみました。

もみもみしながら下へ。この株どんだけ落ちやすい年と思いながら損切りです。

エコモットは多くの銘柄の動きよりかなり落ちやすい印象です。板と歩み値を見ている限り板のほとんどが見せ板というシーンも多く、なかなか質の悪い銘柄な印象です。

こういった銘柄は落ちやすいだけでなく上げやすくもありますのでうまい人なら多くとれるのでしょうか。

逆張り投資家の僕は想像した底値よりも下に連れていかれての損切りを沢山させられてしまいました。

まだまだ修行が足りないことを実感する一日となりました。

結局収支は-6000円となりました。

朝僕が予想した今日は上だろうはハズレ。今日は上に振り、下に振り、最後はほぼ横でした。

予想は当たらん。株の鉄則ですね。

2019年1月15日の株式デイトレ

本日のデイトレ

ヨシオです。

今日は本業の方でほとんどやることがなかったので、株のデイトレをすることができました。

今日の地合いはといいますとちょい下から始まっての、その後グングン上へという展開でしたね。逆張りデイトレーだとしては非常にやりやすい寄りつきでした。とりあえず為替と日経先物を監視して、下から始まる様でしたので、今日はどの銘柄にエントリーしようかなーなんて監視銘柄を見ていました。地合いと同じような始まり方をする銘柄に入るか、それともギャップアップしている銘柄に入るかの選択になったのですが、結局ここの所強いバイオ関連のオンコリスバイオファーマを選択したした。

なんでこの銘柄にしたのかといいますと、日足を見てこの形でギャップアップで今日その状態からの大暴落はないだろうと思ったからです。

ギャップアップで始まって利確に押され少し下げました。逆張りデイトレーダーの僕はその押したところを買っていきました。

僕のトレードはデイトレードといってもスキャルピングとデイトレードの中間くらいのトレードですので、押し目を買って少し上ですぐ売り抜けています。

その後のオンコリスバイオファーマの値動きはといいますと、地合いに沿った強い動きの中に、ちょくちょく下げてくれるところもあったので、下げたところは拾ってみるの繰り返しで、オンコリスファーマでの僕のトレードは利益を上げることができました。

同じくバイオ関連のDNAチップ研究所でもトレードしていました。3連続ストップ高したのちの本日寄り付きという銘柄になります。この銘柄は今日も上がるだとか今日は下がるだとか全く考えずに、値幅の大きさがすごかったのでエントリーしました。

結果としては少額ですが利益を得ることはできたのですが、値幅の大きさは僕が想像していた1.5倍くらい荒々しいもので、正直めっちゃ怖くてエントリーして含み益になっても握ってられませんでした。下手すれば暴落するであろう銘柄でしたので、僕のトレードはリスクリターンとしてはだいぶリスクばかり大きいものになってしまったなーと反省しています。

とはいえ本日のバイオ関連では負けなしで利益を得ることができました。地合いのおかげが大きいと思います。デイトレといえども地合いはしっかり意識していきたいと思っています。

今日はもう一銘柄、ウエストホールディングスにエントリーしていました。

ウエストホールディングスは決算発表がありまして、通期の予想からするとちょっと厳しいなーという感想を抱く内容でした。それを受けて株価が暴落していましたので、そこは逆張りトレーダーとしましては一度入っておこうという考えになりました。結果としましてはほぼリバウンドなしで落ち続ける展開で、僕も損切りをしました。

ホンマこいつよー1回くらいリバウンドせーよ。

これらの結果今日の収支はプラスの3500円です。

日立 2000億円損失 株式投資デイトレ

デイトレで入って学んだこと

ヨシオです。

今日も本業が大して忙しくなかったので、いろんな銘柄を監視していました。そんな中、日立が英国で計画している原子力発電所の建設計画を中断することとなり2000億円から3000億円の損失を計上するというニュースが流れました。ニュースが流れて日立の株価を見に行ってみたのですが、なんと高騰していました。株って難しいですね。僕はどれくらい株価が下がるものなのか勉強しに言ったつもりでしたが、上がっていました。たぶん日立の株主たちにとって日立がイギリスでの原子力発電所の工事がうまく行ってないことは周知の事実だったのでしょうね。いくらくらいの損失になるのかわからないままだったのが、今日それが確定できて、なおかつ予想よりも損失が少なく済んだといったところだと思います。それを受けて株価高騰ですよ。日立新参には絶対わからない値動きだと思います。

僕も高騰しているところを売りで参加してきました。

基本的に僕はいつもは新興小型の銘柄でデイトレをしているので売りはなるべくしないことにしています。ふいなIRで貼り付けの刑や、怖い大口の仕掛けで貼り付けの刑が怖いので新興小型の銘柄での売りはしないことにしています。

今日は参加した銘柄が時価総額3兆円越えの日立だったので貼り付けの刑にはまず会うことはないという考えの中、売りからのエントリーとなりました。

なぜ僕が売りから入ったのかというと、日立の株価は僕が見に行った時にはすでに5%ほど上がっていました。ここからこんなに時価総額が大きい銘柄がまだまだ上を目指すという想像が僕にはなかったからです。結局今日は日立は+8.64%で引けています。

僕は少額ではありますが売りで勝つことが出来ましたが、入るタイミングを間違えていれば株価の3%担がれていたという結果になります。

売りで入ったという選択はあまりよくなかったというデータになっていますが、それでも僕が売りで入ったこと自体は間違っていないと思っています。というのも時価総額が大きな銘柄になればなるほどニュースで上げた株価を維持することは難しいと考えているからです。行ってこいになるとは思いませんが上がりすぎだと思えば売ってみてもいいというくらいに思っています。デイトレですので違っていれば損切りすればいいことですので。

今日は地合いも考慮して考えると買いでもよかったのかとも思いますが、これで地合いが悪ければ売りのほうが期待値は高いと思います。

これが新興小型株の場合は一気に張り付けられてしまいますので、損切りさせてもらえないという事態になることも頭に入れておかなければなりません。なので僕は新興小型株の売りはほぼしないことにしています。

地合いと時価総額と発信された情報を複合的に考慮して動いた値幅をよく見て買いなのか売りなのかを決める。成功と失敗を繰り返して期待値の高い行動を繰り返せるようなることが大切だと思います。

ただ今のテーマ銘柄

デイレ

ヨシオです。

今日はデイトレをすることができたので、いろんな銘柄を観察していたのですが、バイオ関連が来ていますね。今日は僕もバイオ関連でデイトレしました。まあ負けたんですけどね。負けた理由はバイオ関連を触ったからというわけではなくバイオ関連以外を適当に触ったからです。地合い悪そうだな悪そうだなと思いながらフリークアウトがいい具合に落ちていたので逆張り投資家の欲に火が付きました。適当に買ってみちゃいました。まんまと地合いに合わせて株価が落ちていきましたよ。なんで適当にやっちゃったのかなー。

バイオ関連でいえばオンコリスバイオとキャンバスを触りました。こちらはとったり取られたりでいい感じでした。オンコリスバイオはそろそろ一度落ちてもおかしくない位置まで日足で上げていたので怖がりながらエントリーしていました。まあ怖がろうが何しようがぶん投げされるときはいつもいきなりなんですけどね。運よく僕のターンではぶん投げは来ませんでした。こういった急騰銘柄は大引け前30分くらいから早い時は2時から注意が必要になります。そこら辺の時間からが分投げタイムとなっております。その予備知識があったので、2時以降は十分に注意していました。勘が当たってといいましょうか地合いの姓でと言いましょうか、たまたまその時間帯に分投げが来ていたので、やっぱり相場観は大切だなと思います。

デイトレを繰り返し挑戦していくことで確実にこういった知識が蓄積されていきますので役に立つと思います。

では、こういった体験による知識は確実に当たるのかというと残念ながら当たったり当たらなかったりといった程度のものです。それでもこういった知識を増やしていったほうがいいと僕が思うのは、何もわからず怖がらずにデイトレをすることと、当たる、当たらないは別として、危険な時間帯、危険な行動を理解したうえで怖がってデイトレをすることには勝率において確実に差が出せると思っているからです。例えば先ほど挙げた時間帯に関して言えば、危ない位置まで急騰している銘柄は2時以降に触るのはやめてしまおうと決めてしまうとしましょう。それだけで何もわからずトレードしている人とは勝率に差が出せるはずです。

バイオが来てゲームが来てAIが来てみたいなテーマの循環を僕はまだ知らないのでそういったことも意識してこれからは相場を観察していきたいと思います。

デイトレをできる日はなるべくデイトレをしてテーマ株を意識して参加すると、その知識はスイングの役にも立つかもしれません。

株式デイトレ逆張りコツコツドカン投資法で勝つ

悪手といわれるコツコツドカン投資法

デイトレにおいてコツコツドカンといえば悪手。初心者がやらかす負ける法則みたいに言われていますね。しかし私はコツコツドカンを悪手とも負ける法則とも思いません。私はコツコツドカンで勝てました。

初心者がやってしまうコツコツドカンは相場観が養われていないことから起因するコツコツの利益の薄さ、ドカンの損失の大きさが原因になっています。そこを修正すればいいわけです。

コツコツの部分は逆張りで言えばリバウンドを取りに行っているシーンです。より底値近くでエントリーできる回数を相場観を養っていくことで増やす。利益を厚くする。

ドカンの部分は自分の思っていたよりも株価の下落が大きくてどこまで落ちていくのか想定できなくなってしまったので損切りしておきましょうというシーンです。どんなに相場観を養っても土管の部分はなくすことはできないと思います。必要経費だと思おっておきましょう。しかし、土管を食らってしまう回数を減らすことは相場観を養うことで確実に減らすことができるようになります。

ドカンを減らす板と歩み値の見方

リバウンドするとき

自分が底値だと思ってエントリーをしてみます。エントリーしたら板と歩み値を確認します。うまく底値でエントリーできている場合ほんの数秒から1,2分でいたのかい板が厚くなったり、歩み値を見ていると成買いが入っていることが確認できます。この場合体感で言うとエントリーしてすぐにリバウンドが始まります。どこまでリバウンドするのかは相場観を養って勘を働かせてください。

リバウンドせずにまだ落ちていくとき

自分が底値だと思ってエントリーした直後、リバウンドするときは成買いが入ったり買板が厚くなったりしますが、リバウンドせずにまだ落ちていくパターンの時は成買いが全然入らずに買板も心もとない感じがするまま1,2分経ってもまだ自分の買値付近で株価がうろうろしていて、なんならちょっと下がっていく感じがすることがあります。このパターンの時は高い確率でもう一段下落が待っていると思っていいです。早いところ少額の損切りで一度逃げておくのがいいのではないかと思います。

リバウンド狙いでエントリーしたのに瞬時に大きな含み損を抱えてしまうとき

いまだに私もちょくちょくこういった体験はしてしまいます。このパターンを経験してしまう場合は簡単な話エントリーが早すぎる。まったく底値ではないということです。相場観がまだまだ未熟でエントリーポイントがずれているということになります。板や歩み値を見ていれば確認できると思いますが、自分のエントリーの後もガンガン大きななり売りが入っていることでしょう。

ドカンを減らすならばこういったこと注意しながら板や歩み値を注視しましょう。

株式デイトレ逆張り投資

逆張りの仕方

過去に順張りで負け続けた経験のある私は現在デイトレをするならほとんどは逆張りで入ります。ほかの記事でも書いたように順張りは私が勝てなかったというだけで皆さんも勝てないということではありませんので誤解しないでください。しっかりと情報を集めてから買いに行けば順張りのデイトレで勝てると私は思っています。ただし私はせっかく情報を集めて精査して銘柄を選んで買っていくのであれば順張りはデイトレに限らずスイングでもいいのかもと思っています。

話がそれましたので私なりの逆張りデイトレの仕方に話を戻したいと思います。

基本戦略は日足で急騰している銘柄をまずは探すことからです。その銘柄が自分が見つけた日に急騰が始まる前から何パーセント上がっているのかを確認します。

次に順張りデイトレでの情報集めほどでなくていいのでなぜ上がっているのかを調べます。

決算で上がっているのか、IRニュースで上がっているのか、メディアに取り上げられて上がっているのかなどです。

それぞれの情報がどれくらい株価に影響がありそうで、その情報でここまで上がっているのは正しいのか行き過ぎているのかは経験を積んで学んでいくしかないと思います。

自分が納得できる条件で上がっている銘柄を見つけたらここから次はエントリーポイントを待ちます。

順張りではあげているタイミングで、逆張りでは下げているタイミングでエントリーです。私は5分足で上昇トレンドを形成している銘柄の押し目も逆張りのうちに含めています。ですので押し目の底値もしくは5分足で見たときの一旦の底値がエントリーポイントになります。

底値とどうやって判断するのか

これが一番難しい判断をしなくてはいけない項目なのですが、裁量で底値を判断しなければいけません。

要は繰り返し相場に参加してみて経験を積み重ねる裁量の勘が必要になります。

何パーセント普段の株価から急騰している株だから値動きの値幅はこれくらいはあるだろうという想定をして、その想定をもとに一回の下落でどこまで落ちるのだろうかということを推測します。

銘柄の株価も十分に意識してください。

一度落ちてリバウンド、また落ちてリバウンドというぐあいに株価は動くことが多いのでリバウンドを取りに行くというトレードです。このトレード方法は典型的なコツコツドカン投資法になるのですが、裁量の精度を高め、自分の想定以上の下落に巻き込まれて損切りさせらるる回数をいかに減らしていくかという試行錯誤で勝てるようになります。

株式デイトレ 順張りで私が勝てなかったわけ

個人がデイトレードで銘柄を選定する場合、一番簡単な選定方法は各社のトレードツールに備わっている値上がり率ランキングを見ることだと思います。もしくは最近の値動きや値幅を報告してくれるようなサイトを見つけておくことだと思います。

例えば株ドラゴンなどを見るとわかりやすいと思います。

値が急騰している銘柄を買っていくことがデイトレードの順張りで大きく取る方法です。

私も値上がり率ランキングなどを見て急騰している株を、まだ上げるだろうと思って株を買っていっていました。しかし、その手法では資産を増やしていくことはできませんでした。

何がいけなかったのか。

雑な順張りは失敗の元

過去の私は値が上がっているなら買っていけばいいと思っていました。あげているうちに私もその波に乗ってやるという思いです。しかし、今の私はそうは思いません。ただ値が上がっているから買うのではなく、なぜ値が上がっているのかに注目する必要があると考えています。

何の要因もなく急騰する銘柄があります。何の要因もなく値が上がった株のほとんどは行ってこい(上がる前の株価に戻る)になります。絶対行ってこいになるわけではありませんがかなり高い確率で行ってこいになります。

行ってこいになる要因は、アルゴリズムか大口投資家か誰かの気まぐれ買で急騰してしまった銘柄に、何の情報も得ず値上がり率だけを見て買いに来たイナゴトレーダーと呼ばれる人々が、より値を上げてしまった挙句、値が下がり始めるとともに散っていくからだと思います。

つまり、何も情報を得ずに急騰株を買うということは自分自身もイナゴトレーダーの一員になり散っていくということです。

ですからデイトレで急騰株に順張りで入って大きく稼ごうと思う場合は必ずなぜ上がっているのかという情報は確認してから買いに行くべきです。

では、なぜ私は順張りデイトレで稼ぐことができなかったのか。

あまり言いたくないのですが、私には情報を得るために必要な根気がありませんでした。要はただの手抜きです。

情報をしっかり集めて順張りで勝たれている方は多くおられますので、情報を集めることを苦労だと思わなければ順張りで稼ぐことはできると思います。

Twitterで株のツイートをしてる方をフォローするとかIR情報を発信しているサイトを見つけるとか、情報を得る方法は日々楽になっていると思います。 急騰銘柄に何の情報もなく突っ込むことはやめておきましょう。

逆張りについてはまた別の記事で。

株式デイトレードで資産を増やすには

株式のデイトレードで効率的に資金を増やすことができないだろうか

という考えを実践してみたいと思い 私は2014年から2018年の4年間の間本業の傍ら、暇を見つけては株のデイトレードを繰り返してきました。

結果から言いますと4年間で45万円の資金が70万円まで増やすことができました。効率よく資産を増やすことができたのかというと4年間使って約1.5倍という結果になりました。2014年時点での私の株式投資への期待としては年率で50%から100%増やしたいと思っていたので、結果は期待に対してかなり低い成績ということになりました。

しかし、がっかりしたわけではありません。結果として私は資産を増やすことができたのですから。せっかく資産を増やすことができたので、これまで私が体験してきたことをここに書き留めておこうと思います。

私の投資スタイル

私の株式デイトレ4年間を最初の一年と次の一年、そのあとの二年にに分けて資産の増減を説明すると、最初の一年ははっきり言ってボロボロでした。わけもわからず目に留まった急騰銘柄に入ってみるという手法でした。

次の一年はトントンくらいでやっていけました。少し成長した気がしていました。その後の二年は勝てるようになりました。負けていた自分がトントンになり勝てるようにるのに至るまでに、実は難しい手法は全くありません。トレード初心者時点での私の手法は急騰銘柄飛び乗り投資法でした。順張り手法でした。それがだんだんと急騰銘柄が急落したところを拾う逆張り投資法へと変化させていきました。

なぜ、順張りから逆張りへと変化させたのかというと、 順張り投資家をはめ込む、少し上げといてめちゃくちゃ落とすというはめ込みに、かなりの回数はめ込まれたからです。上げられて落とされると被害額は大きいです。それに比べて逆張りで、落ちてる株が落ち切ったところを拾っていく投資法はうまくなれば負け額が少ないことのほうが多いです。

うまければですよ。

その逆張り投資法でも自分が拾った後まだまだ落ちていくこともちょくちょくあります。これはデイトレをする限りしょうがないことです。株価の動きは完全にはわかりません。必要経費ということにしておきましょう。

ようは、私が実践した逆張りデイトレ手法はいつもは大きく下げた株のリバウンドを狙ってそこそこ稼ぎ、たまに買った後もまだまだ値が下がりドカンと負ける、コツコツドカン投資法ということです。

コツコツドカン投資法は巷では悪手と言われていますが、その投資法で私は資産を増やすことができました。

ここまではざっくりした話になりましたので詳細は別の記事にて。