仕手株投資の古い本

仕手株とは

ヨシオです。

仕手株で儲けようという内容の古い本を読んだので勉強がてら記していこうと思います。

まず、仕手株とは大金を投じて株価を上げるグループがターゲットに決めた銘柄のことを言います。機関投資家や大口個人グループのことのようです。ターゲットになる銘柄を決めて、地合いが上げ相場でないときに過ごしずつ買い集めて、目標株数まで買っていきます。集まったら株価操作の開始になります。強引に株価を釣り上げて、上がり始めたら情報を流してお客を集めます。たくさんお客さんが集まってきたらこれまで自分たちが集めてきた株を売りつけて逃げていくという投資パターンをとります。お客さんを集めるための行動として買い上がりでパフォーマンスして、ふるい落としで自分たちの操作のしやすい量までお客さんに株を売らせます。自分たちの資金調達という面もあると思います。売り抜けするときはちょっと買い上がったり見せ板で買い板を厚くしたりしてしてまだ上がりそうな雰囲気を作っておいて逃げます。

仕手株の場合株価は操作されていることを頭に入れておかなければいけません。

つまり通常時に使えるテクニカルは全く役に立たないということです。

仕手株でトレードするにあたっては初動で乗ること、高値で入らないこと、損切りすることが鉄則になります。

仕手株になりやすい銘柄

時価総額が小さく、浮動株が少ない貸借銘柄は仕手筋に利用されやすいようです。その条件であれば株価も上げやすいし空売りで落としやすいし、信用規制を利用することも可能です。小型株の貸借銘柄と言い換えることができると思います。

仕手株での戦い方とこの本を読んでの感想

先ほど仕手株ではテクニカルは使えないと書きましたが、天井のサインだけはテクニカルが適用できます。大陰線が出たら仕手株終了のお知らせです。これだけはテクニカルとして覚えておいたほうがいいです。戦い方としては本の中ではスイングを想定しています。僕も大きく儲けたいならスイングがいいと思います。初動でのサインは突如値上がりランキングに登場することのようです。初動で飛び乗りましょう。あとはスイングの場合は振るい落としが来ますので見抜きましょう。そして出来高が最高潮の陽線の中で売り抜けましょう。大陰線が出たら仕手株終了のお知らせです。といった戦い方をすればいいようです。

この本を読んでみて思ったことは、デイトレードで急騰銘柄で戦っていればこの本に書いてあることは実際に何度も何度も体験できるな、でもスイングで仕手株の全体を取ろうとするのは相当難しいことだろうなということです。

実際に実現させれば相当とれる戦い方なのでしょうが、それをさせないように大口はふるい落としをしてみたりある日突然大陰線終了のお知らせをだしてきたりするのだと思います。ですからこの戦法を実現させるのはちょっと難しいなと思います。正しいことが書かれているんだろうけどきついというのが僕の感想です。僕のおすすめとしては変な動きをする銘柄は仕手株云々は置いておいて、しっかりとできるだけ多くの情報を集めて理由があって上がっている急騰銘柄にスイングで入るという方法かデイトレードで少しずつ急騰銘柄からとっていくという戦法かなと思います。

株式スイング投資

当時スイング投資をしてみて感じたこと

僕はデイトレを始める前はスイングトレードをしていました。資産はどうなったかというとめっちゃ減りました。当時僕がやっていたスイングトレードの手法はBNFさんをまねして25日移動平均線から-25%の銘柄を買ってみるというものでした。損切りラインは買値から-10%にしていたと思います。2014年の話なのですが、このトレード手法は当時もう通用しませんでした。BNFさんがこの手法をやっていたころは、まだいわれのない暴落が起こっていた時代だったようです。僕がこの手法をやっていたころは、すでにいわれのない暴落は減っていて、業績なりIR情報なり、理由がある暴落で25日移動平均線から-25%乖離するということが起こる時代に代わっていたようです。当時の僕はまだ相場に不慣れでそんなことは全く分からずにBNFさんの手法だけを頼りに果敢に株を買っていっていました。結果は散々なものでした。そこで当時の僕はスイングでは勝てない。デイトレに変更だという結論に至ったわけです。

今スイング投資に思うこと

過去の負けまくったスイング投資ですが、現在の僕はあの頃よりは格段に成長していると思います。今の僕はさすがに乖離率だけでトレードをしたりしません。各銘柄の情報を調べてチャートを見てどんなトレードをするか考えるようになりました。今の自分は長期投資をメインにやっていきたいと思っていますが、今の僕ならスイングでも勝てると思っています。つまりスイングはありだと思います。

デイトレをそれなりにやっていると同じ銘柄を1か月くらいは監視すると思うのですが、監視しているとこれってもしかしてデイトレしてるよりもスイングしたほうが取れるんじゃないのかって思うこともよくあるんです。とはいえそれは結果論で、デイトレの良さは持ち越しリスクがないことにありますのでそこはごっちゃにしないようにしたいところです。

どんな時にスイングのほうが取れたかもと思うかというと、どんな銘柄でデイトレしようかと銘柄を探していると、急騰後一旦上がった分の1/3くらい株価が落ちてしまっている銘柄よくあります。そういった銘柄はリバウンドを期待してデイトレで取りに行きます。うまくリバウンドした後なぜかストップ高まで行ってしまうような銘柄がちょくちょく見受けられます。デイトレをしているとある程度利益が出たら利確してしまうのですが、そのまま持っていればよかったと思うことはよくあることなんです。こんな時はスイングしたほうがもっととれるよなーっていつも思います。

僕の場合は一日信用でデイトレをしていますので、持ち越しはできませんが急騰銘柄の急落後のリバウンド狙いはスイング想定で買いに行ってもいいのかなと思います。