株式 デイトレかスイングか中長期か

チャートと矢印
スポンサーリンク

どんな投資スタイルで2019年を戦うか

ヨシオです。

2018年の終わり日経平均は大暴落してしまいましたね。2019年も相場が始まっています。2019年はいったいどんなスタイルでトレードをしていけばいいのかなーと思っています。

2014年から2018年の4年間で培ったデイトレードでこれからも攻めていくのか、本業もあることだし、スイング、中長期で攻めていくのか悩んでおります。

最近本業のほうで営業マンが退職してしまいました。今私は経営者兼営業として働いています。2018年は営業マンがいてくれたおかげでデイトレードし放題でした。2019年はデイトレードをやりたいときにやれない環境になるんだろうなと感じております。

それでも私は株式投資で資産を増やしたいと思っています。

2014年から2018年の4年間で45万円の資金を70万円にデイトレードで増やすことができました。その一方でその期間に中長期用の銘柄観察もしてきました。中長期を考えると日経平均をかなり意識していかなければならないなーと感じています。

2019年昨年終わりの暴落を受けどんな年になるのでしょうか。多くの経済評論家は2019年は景気減速もしくは交代と考えているようです。私もここのところの軟調な相場を見ていると景気悪くなりそうな気がしています。景気悪くなりそうな気がするのにデイトレードはやる時間が取れそうもない。やるとしたらスイングか中長期になりそうです。危険なにおいがします。

危険なにおいがする相場に向けての中長期投資法考察

2019年は中長期投資しかやれそうもないなーなんて考えているヨシオですが、危険な相場でいかにリスクを減らしつつ中長期で投資していこうかと考えておりましたが、私なりの結論が出ました。2019年は下降トレンドを意識しながら上昇相場も少しだけ期待する投資法で行こうと思います。4年間でデイトレードをする傍ら、こつこつ貯金もしておりました。中長期用にその貯金を使っていこうと思います。私が儲からない工場経営でためた大切なお金をリスクからなるべく守りながら株を買うことに使っていこうと思います。

リスクを抑え利益を狙う

正直言いまして、私は日経平均が普段から今後もどんな動きをするのかが全くよめません。読もうと頑張ったことはありますが当たりません。つまり私にとって日経平均の動きはわからないという結論になります。しかも2019年の相場は嫌な感じがする。こんな条件の中でリスクを抑えてなおかつ利益を出したいという願望を私は持ってしまいました。どうしていけばいいのかなーって考えていたんですが気が付きました。2019年は相場が嫌な感じがしますが、2020年は今のところまだどうなるのかといことさえ考えも及びませんので(本当は東京オリンピックのせいで少々ビビっていますが)とりあえず2019年を乗り切り2020年に資産がまあまあ守られるだろうトレードをしようと思います。

どんなトレードか。

これから投入する資産をまずは1/3ずつに分けて考えます。まずはなるべく早く投資したい銘柄を3つくらい見つけて1/3の資産を投入します。景気が悪くてまだまだ落ちそうだったらそのまま放置します。いったん底打ったようであれば次の1/3でナンピンします。まだ落ちるようであればまた底打つのを待ってナンピンします。(銘柄自体の業績がものすごく悪化した場合は損切りでします)あくまでも全体相場のせいで株価が下がっている場合のみそういう行動をとろうと思います。

つまり何をしているかというと時間的な分散投資で2019年を乗り切ってやろうとたくらんでいます。あわよくば予想に反して株価が上がれば少しは儲けられるなーなんて思っています。

我に幸あれ。(皆さんにも幸あれ)

投稿者: yoshio

1982年生まれ36歳(2019年1月現在) 投資歴は4年 愛知県にて鉄工所経営 鉄工所の経営が伸び悩んでいることもあり株式投資で資産を増やそうと奮闘しています。 今のところ独身。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です