ここのところの激しい値動きでの相場観

チャートと矢印
スポンサーリンク

今回の激しい相場はどんなトレードが良いのか

ヨシオです。

この年末年始にかけての激しい値動きをする相場ですが、気になっていることがあります。今回激しい相場はどういったトレードが向いているのかということです。長期投資を始めてみようと思っている僕は225銘柄から新興銘柄までいろいろな銘柄を除いているのですが、割安、好業績など長期投資向けのスクリーニングをするとほとんどの銘柄が下降トレンドにあることがわかります。僕は逆張りが好きなのでそんなに嫌な気にはなりませんが、多くの方にとっては大変買いにくい形のチャートをしていることと思います。割安、好業績であっても地合いが悪いとたたき売られてしまうことがよくわかります。

一方で気になったことがあります。

僕は今本業の関係でデイトレはすることができずにいるのですが、銘柄ライブを眺めながら、最近はどういった銘柄が話題になっているのかを観察しているのですが、デイトレに向いているようなテーマ株、材料株といった銘柄が銘柄ライブに流れてくることを目にしました。そこでデイトレはできないとはいえどんな日足チャートをしているのか気になったので見てみました。

なんと下降トレンドになっていないのです。それどころかほかの銘柄が暴落している中上昇していたりしているんです。

テーマ株、材料株

こちらのチャート株ドラゴンより引用しています。

最近人気があるテーマ5G関連のサイバーコムを例に挙げてみます。

12月終わりころも暴落という程落ちていません。1月4日は急騰しています。すごいですね。しかし、こういったテーマ、材料銘柄は往々にして割高なんですよね。サイバーコムで言えばperは44倍です。僕は結構perが高い銘柄は買うのを躊躇してしまうタイプなのでこういった銘柄を長期投資として買うことはなかなかできません。

割高だから買ってはいけないというわけではありませんが、僕の長期投資の基本にしたいことが割安であることなので僕は買うことが難しいんですよね。しかし、地合いが悪い中、暴落せずに頑張っている銘柄を放置しておくわけにはいきません。長期で入れないのならデイトレということになりますね。地合いが悪い暴落基調の中でもこうして株価をげ上げている銘柄があるということを認識して、各々のトレードルールで挑戦したいところです。とれる可能性を放置することもまた損失といえるかもしれません。

僕の場合はデイトレ。

僕は本業の都合上デイトレできないんですけどね。

投稿者: yoshio

1982年生まれ36歳(2019年1月現在) 投資歴は4年 愛知県にて鉄工所経営 鉄工所の経営が伸び悩んでいることもあり株式投資で資産を増やそうと奮闘しています。 今のところ独身。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です