スポンサーリンク

中長期投資に向けて銘柄選定

変な顔の1万円札 中長期投資
スポンサーリンク

中長期投資といえば配当

中長期で投資していく際、やはり地合いはものすごく気になります。特に2019年のような微妙な地合いだとより手堅い投資先を模索していきたいところです。そんなことで僕が見出した手堅さは配当に依存してみるのはどうだろうかということです。高配当銘柄の底堅さと実際もらえる配当で株価下落を抑え下がった分は配当で補填していくという発想です。

僕はどちらかというとインカムゲインよりもキャピタルゲインに夢を見てしまうので自分の実際の長期投資に配当依存型の投資をするかどうかはわかりませんが、投資方法の一つの勉強と思って記します。

高配当なら何でもいいのか

そんなわけありませんもんね。高配当なら高配当を維持できる銘柄であること。業績を維持できる銘柄であること。上場廃止しない銘柄であることが大切だと思います。そんな条件の中で気になった銘柄がJT。日本たばこ産業です。この銘柄なんと日本政府が株式の1/3以上保有していなければいけないという法律が決められている銘柄なんです。日本政府が1/3持っていてくれれば上場廃止になることはめったなことではありえないと考えていいのではないでしょうか。

では配当利回りはというと株価3000円で5%です。高配当ですね。

では業績はというと、メインになる事業のタバコの売り上げが右肩下がりで減っています。しょうがないですね。昨今の禁煙ブームは強烈ですもんね。そんな中僕は愛煙家です。JTに貢献しているうちの一人であります。とはいえいつもタバコやめようやめようと思いながら吸っている似非愛煙家なんですけどね。そんな世間の嫌煙ブームでたばこの売り上げは落ちているようです。特に国内向けたばこの販売が落ちています。一方で輸出向けたばこの販売は横ばいで推移しています。こんな状況の中JTは業績を維持していけるのでしょうか。今のところ業績も見緩やかな右肩下がりになっています。ここからどんな新事業で業績を維持していくのか、または、いま取り組んでいる食品、医薬品事業で業績を伸ばしていけるのかといったところだと思います。

ところでこの会社、配当は年々上がっています。

jt 配当

増配の連続ですね。配当性向がかなり高いですが、今後も維持していけるのでしょうか。それともある年に増配が止まってしまうのでしょうか。そこらへんがこの銘柄の面白いところかもしれませんね。

長期投資の勉強としてJTをとりあげてみました。

ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!


中長期投資
スポンサーリンク
yoshioをフォローする
ヨシオの株式投資で不労所得

コメント